「酸洗い」とは、主に金属加工の現場などで耳にする言葉で、熱処理や溶接などで金属をした際に生じるサビなどの汚れを除去する作業のことをいいます。この際に、硫酸や塩酸などを使用するため酸洗いと呼ぶのです。酸洗いは酸洗処理と呼ばれることも。このカテゴリでは、酸洗いの概要や種類について解説します。

酸洗処理

ここでは、酸洗いこと酸洗処理の目的や方法、処理を行うメリットについて紹介します。酸洗い処理を行うべき場合やタイミングについて確認しましょう。また、対象とする金属の特性によっても処理方法が異なります。対象の金属に合わせた処理方法についても確認してください。

酸洗いについて詳しく知りたい!酸洗いの目的やメリットは?

酸洗処理とは、金属の熱処理、溶接やロウ付けなどによって生じた焼け、酸化皮膜、不導態皮膜やさびなどを硫酸や塩酸などで取り除く作業のことです。この処理に適した金属には、鉄、ステンレス、チタンなどがあり…

酸洗処理の方法は?金属の種類ごとの方法を確認

金属を加工するためには表面に付着している酸化膜などを除去することがとても大切なことですが、酸化膜などを硫酸や塩酸などを使って除去するのが酸洗処理です。酸洗処理を行う際には特殊な前処理が必要とされる…

絶対にしてはいけない!酸洗処理の注意点

酸洗いは金属を溶かす力がある硝酸や硫酸などを使用します。この酸性液体は非常に危険なので、皮膚に触れることは絶対に避けなければいけません。火傷などの症状を起こす事態に繋がります。そのため取り扱いには…

酸洗いによる保護効果について

酸洗いは金属製品を強酸の薬剤で洗浄する以外に、新たな汚れやサビの発生を防ぐ効果もあります。薬剤の成分が皮膜を作って金属製品を覆い、汚れを弾いたりサビの発生源である微小な傷を塞ぎます。

酸浸漬・エッチング

一般的に、酸洗いと酸洗処理は同じものとされます。しかし、酸洗処理は酸洗い以外にも、酸浸漬やエッチングなどを合わせた意味として使われる場合もあるようです。ここではそれら3つの違いと、酸浸漬・エッチングについて紹介します。

酸洗い以外の酸洗処理?それぞれの分類について紹介

酸洗処理には、酸洗い以外に酸浸漬・エッチングという方法に分類されます。酸洗いは水垢や頑固な赤錆を除去するのに対し、酸浸漬は硫酸や塩酸などを使って、アルカリ皮膜や酸化皮膜を除去します。表面処理を行う…

酸浸漬とは何?酸浸漬の概要と有効な金属の種類を紹介

酸浸漬とは熱処理によって金属表面に付着した酸化皮膜を除去する事ですが、まずは金属の表面を洗浄した後に放置して、その後発生した錆などを確認して再び洗浄します。それから、金属表面を硝酸などの溶液中に短…

エッチングとは何?エッチングの概要と有効な金属の種類を紹介

エッチングは金属の表面加工に利用される酸処理のひとつ

古くから工業製品の基盤となり、私たちの生活を支えてきた技術のひとつが金属加工です。基本的に金属は成形・切削・接合により加工されますが、それぞれに特徴的な工程や方法があります。ただし、それらによって加工された金属のほとんどが、そのままの状態で利用されるわけではありません。付着したごみや汚れを洗浄したりメッキや塗装を行ったり、表面に加工を施すのが一般的です。 金属の表面加工で活用される方法のひとつに酸処理があります。酸処理は酸によって金属の表面を加工する工法で、酸洗い・酸浸漬・エッチングの3つに分類することができます。具体的には酸によって皮膜や錆の洗浄を行うのが酸洗い、酸化皮膜を取り除くことで表面を活性化するのが酸浸漬、酸の腐食作用を利用した溶解加工がエッチングです。

複雑な加工や精密部品の製造など幅広く活用されているエッチング

エッチングという言葉は、絵画に興味のある人なら一度は聞いたことがあるでしょう。もともとは銅板画の手法として用いられ、その後印刷や工業分野でも応用されるようになった技術です。エッチングでは酸の腐食作用を利用し、金属表面の必要な部分をコーティングした上で他の部分を溶解するのが基本です。金属の加工では表面の不要物を除去することに加え、他の工法で難しい複雑な加工や精密部品の製造などにも活用されています。 エッチングは酸洗いや酸浸漬といった他の酸処理と同様に、酸による腐食作用のある金属なら幅広く利用することができます。銅や鉄はもちろんステンレスやアルミニウムなどさまざまな金属に対して、低コスト高品質の加工を実現しています。