酸浸漬とは何?酸浸漬の概要と有効な金属の種類を紹介

酸浸漬の処理の方法とは

酸浸漬とは熱処理によって金属表面に付着した酸化皮膜を除去する事ですが、まずは金属の表面を洗浄した後に放置して、その後発生した錆などを確認して再び洗浄します。それから、金属表面を硝酸などの溶液中に短時間浸漬して金属表面を活性化させることで除去できます。プラスチックスやガラス等のメッキの前処理の工程で行われますが、処理方法は希塩酸などの濃度や処理温度を品物の材質に応じて調整したりします。アルカリ脱脂液で生じたアルカリ皮膜などを酸漬けすれば、放置された錆やスケールを除去したり、前処理で残ったアルカリを中和したりもできますね。酸浸漬の後は見栄えも良くなりますが、同時に金属表面がもろくなりやすいので注意も必要です。

メッキ加工に欠かせない酸浸漬

酸浸漬は、メッキ加工の工程で行われますが、メッキにはチタンやアルミニウム、ニッケルなどの金属があります。これらを酸浸漬すれば油などの汚れを完全に取り除いて密着不良を防ぎ、メッキをつきやすくしますよ。例えば鉄鋼には様々な種類がありますが、素材に応じて塩酸や硫酸などと使い分けたりします。また、メッキの種類には金・銀・銅、テフロンなどもあり、光沢を出すのに酸浸漬が有効とされています。これらの工程を経て、時計や指輪、携帯電話等の製品になったりしますよ。他には、エッチングというエッチング液などの薬品を使った金属の溶解加工もありますが、ステンレスや鉄、チタンなどの様々な金属加工に有効で、産業用精密部品に使われたりします。

酸洗とは、金属を酸性の液へ浸し、表面が腐食する作用により金属表面を洗浄する事を指します。比較的、複雑な形状の金属製品にも適用可能です。塗装前の下処理にも利用されます。