絶対にしてはいけない!酸洗処理の注意点

便利だからこそ注意する

酸洗いは金属を溶かす力がある硝酸や硫酸などを使用します。この酸性液体は非常に危険なので、皮膚に触れることは絶対に避けなければいけません。火傷などの症状を起こす事態に繋がります。そのため取り扱いには徹底した注意が必要です。酸洗いを行うときは肌を完全に保護した状態にする必要があります。また酸性液体の臭気は強烈です。この強烈な臭気から自分の体調を守るため換気設備は重要です。そして酸洗い後の酸性液体の処分方法は自治体とのルールがあることを忘れてはいけません。このルールから逸脱すると排水口から河川という順番で、酸性液体が流れ出し水質や土壌をを著しく汚染します。さらに環境汚染は企業のイメージや信頼度を、下げることに直結するので流出防止という面で設備強化も必要です。

正しい知識と処理工程

酸洗い処理でやってはいけないことは、酸性液体の成分と金属製品の性質を知らないで作業を施すことです。金属製品の質により処理後溶けて無くなってしまうことがあります。加工処理する金属製品はチタンやステンレスなど様々な種類があります。それぞれの金属は性質があるので酸洗いを施すときは、酸の種類や混合比、時間と温度なども良く認識してそれぞれに適合させる必要があります。不注意のため製品の表面がガタガタになり、製品価値が無くなるというようなことは避けなければいけません。そのためにも金属ごとに適した酸を良く把握する必要があります。そして金属製品の中でもメッキ加工や塗装を最終的に施す製品に酸洗いは適しています。ただその中でも鉄は酸化しやすいという特徴があるので特に注意します。

塗装剥離とは金属製品の塗装を取り除く作業を指します。水溶液系を使用したり、高温の熱による加熱で塗装を剥がすなどの方法があります。