酸洗い以外の酸洗処理?それぞれの分類について紹介

酸洗いの酸浸漬・エッチング

酸洗処理には、酸洗い以外に酸浸漬・エッチングという方法に分類されます。酸洗いは水垢や頑固な赤錆を除去するのに対し、酸浸漬は硫酸や塩酸などを使って、アルカリ皮膜や酸化皮膜を除去します。表面処理を行う直前に行う短い酸洗いですが、もし、酸浸漬では取れない厚い酸化膜や赤錆などが付着していれば、短時間で除去できる電気を使った電解酸洗という方法もありますね。エッチングは、冷間圧延という常温加工が原因で起こる金属の表面の変質層を除去しますが、ステンレスや銅などの意匠品の製作にも利用されます。短納期で製造・出荷ができるので試作品に最適ですね。版画・印刷のエッチングは、銅版の版画や印刷技法としても用いられますよ。

酸洗処理は必要不可欠!

酸洗処理を酸洗い・酸浸漬・エッチングの3つに分類しましたが、その分類には曖昧な部分もあったりします。また、3種類以外にも電解研磨や化学研磨などの酸を利用した処理もありますね。このように、酸洗処理は金属加工に欠かせないですが、これをきちんと行わないと、その後の工程で研磨作業がうまくいかないなどの不都合が生じるため、非常に重要な工程になります。酸洗処理がしっかりされていたら、見た目も艶が出てなめらかになりますし錆びづらく耐久性も上がりますよ。銅合金・ステンレスなどの金属の種類によって、使う酸の種類を使い分けたり、濃度や温度などの設定を調整する必要もあります。その際、薬剤の取り扱いには十分気を付けましょうね。

金属表面処理とは金属材料の表面に母材とは異なる素材で加工を施す処理の総称です。これにより新たな性質や機能が付加されるなどのメリットが生まれます。例えばメッキ加工は錆びやすい金属を錆びにくくします。