酸洗いについて詳しく知りたい!酸洗いの目的やメリットは?

酸洗いには3つの目的がある

酸洗処理とは、金属の熱処理、溶接やロウ付けなどによって生じた焼け、酸化皮膜、不導態皮膜やさびなどを硫酸や塩酸などで取り除く作業のことです。この処理に適した金属には、鉄、ステンレス、チタンなどがあり、金属の種類によっては酸の配合や処理する時間が異なりますが、この酸洗いには主に3つの目的があります。

まず、酸洗処理をすることで、次の作業手順が簡素化できます。たとえば、加工金属の酸化皮膜が取り除かれると素材の表面が綺麗になり、その後の研磨作業の手間を省き、光沢を出すための前処理となります。

次に、金属を加工する前の下処理です。たとえば、酸洗いすることで表面のざらつきや油分を取り除くことができるので、メッキや塗装の密着度が高まります。

最後に、酸洗処理をステンレス製品に行うと不導態皮膜が再形成されて、本来のさびにくい性質を取り戻すために行わなわれます。

酸洗いのメリットについて

酸洗処理には、他の処理に比べてコストが安いという大きなメリットがあります。たとえば、酸性の液体に加工金属を漬けておくという簡単な工程のおかげで大量生産に向き、人件費といった費用もあまりかからず複雑な設備もあまり必要がありません。また、素材を本来のきれいな姿にしたり、研磨作業などの時間が短縮できるメリットもあります。

さらに、酸洗いは加工金属を均一な状態で空気と反応させることができるので、さびや溶接焼けなどを極薄皮をまるで剥くように落とすことができます。

最後に、物理的な強い力がかからないので、処理の過程で加工金属に歪みが生じる心配がないのもこの酸洗処理のメリットでもあります。大きな金属や手が入らない箇所にも液体が侵入して、酸洗いの反応処理を引き起こすことも可能です。

リン酸処理は、リン酸塩の溶液を利用して金属の表面に化学的にリン酸塩皮膜を施しておき処理をすることです。