酸洗処理の方法は?金属の種類ごとの方法を確認

非常に酸化しやすいアルミニウム

金属を加工するためには表面に付着している酸化膜などを除去することがとても大切なことですが、酸化膜などを硫酸や塩酸などを使って除去するのが酸洗処理です。酸洗処理を行う際には特殊な前処理が必要とされる金属も存在していますが、私達にとって身近な金属でるアルミニウムもそんな金属の一つです。
アルミニウムは軽くて扱いやすいということもあって様々な場所で使われていますが、他の金属と比べても非常に酸化しやすいという特徴があります。そのため、酸洗処理をしても水洗工程で再び酸化してしまうためにジンケート処理と呼ばれる特殊な方法が行われます。これは亜鉛置換処理の一つであり、この処理を行うことで水洗工程による酸化を防ぎメッキすることが出来るようになります。

錆びにくい性質を持つステンレス

ステンレスはとても錆びにくいという性質を持つことから、キッチンを始めとして多くの場所で使用されている金属です。これは表面に非常に強固な酸化膜があることによるものですが、これによって通常の酸洗処理では密着性が悪くなってしまうという問題が発生します。密着性が悪いとメッキ処理をする場合にも不都合が生じるため、特殊な前処理が必要となるのです。
ステンレスをメッキ処理するためには塩酸によって表面を活性化させた後、塩酸をベースとしたニッケルめっき加工処理を行います。ニッケルは鉄によく似た性質を持つ金属ですが、空気や水に触れても酸化しにくいという特徴があります。これにより密着性高まり、耐食性が高くなったり変色にしにくくなるといった効果があります。